2017新作「ぬぐいぬち」

カタタチサトソロパフォーマンス「ぬぐいぬち」
5月中旬、東京から音楽家のSKANK/スカンク(Nibroll)が来高。
本番会場となる「いろは市場跡地」での現場製作・稽古がスタートします。
4月にはカタタチサト過去作品の上映会を実施予定。

公演日: 5/19(金)・5/20(土) 両日共19:00〜
会 場: 常磐町商店街いろは市場跡地
チケット:自由料金制(寄付・又は観覧後に金額を自由に決めて支払うシステム)

作・演出・出演:カタタチサト
音楽:SKANK/スカンク(Nibroll)
造形:長野由美
衣装:平川めぐみ
舞台監督:カミイケタクヤ
制作:シアター・デザイン・カンパニー


<出演者・スタッフ>

作・演出・出演:堅田知里(カタタチサト)
5才よりモダンバレエを学ぶ。日本女子体育短大舞踊科卒業。在学時より舞踏を土方巽直系の和栗由紀夫に師事。2000年~2006年には第3世代舞踏グループ”東雲舞踏”結成メンバーとして国内外で活躍。踊り出すと何でもない空間をたちまち異世界に変える存在感は海外でも高い評価を得た。ソロ活動も多数。劇場以外の空間で訪れた人がおこした行動がアートにつながるライブ空間でのイベント「宴」、美術館で作品と対峙しながらワークショップ・ショーイングする「カタタチサトと美術館でおどる」(徳島県立21世紀美術館、高松市立塩江美術館)などは他ジャンルからの観客も多く好評を得ている。2014年、高松市に移住。子どもの創造力を育む高松市派遣事業「芸術士®」、ファイヤーシアターや瀬戸内サーカスファクトリーへの出演・演出・アートディレクターも行っている。


音楽:SKANK/スカンク(Nibroll)
振付家、映像作家、音楽家、美術家によるパフォーミングアーツカンパニー”Nibroll(ニブロール)”の音楽家。自身のバンドでは演奏形態を定めず都内を中心に活動し多くのミュージシャンや他ジャンルのアーティストと積極的にセッションしている。またコンテンポラリーダンスや演劇など舞台作品への楽曲の提供、演奏、コラボレーションを国内外で数多く行っている。近年では映画音楽の担当や劇団”指輪ホテル”では音楽だけではなく出演をするなど活動の幅を広げている。


造形:長野由美
高松市在住の造形作家。たまごの魅力に引き込まれ、迷宮に入り込んでしまった作家自身が、「たまごとは??と抜け出せないでいる終わりの無い宇宙のように・・・」をテーマに作品を制作。塩江美術館個展「たまご響会」「eggs in wonderland」等。


衣装:平川めぐみ
高松市在住、服飾デザイナー。香川の伝統工芸・保多織の新作デザインを手がける。四国での演劇やダンスへの衣装制作も意欲的に行っている。

舞台監督:カミイケタクヤ
香川県在住の美術家。Nibroll(2012-16)、指輪ホテル、鳥の劇場、東京デスロックなどで、舞台美術を手がける。ダンス作品の作/演出も行うなど幅広く活動している。>>https://www.kamiike.info

制作:シアター・デザイン・カンパニー
香川を中心に「“人”と“場所”と“演劇”をつなぐ」ことをテーマとした、演劇企画制作団体。>>http://theatredesign.info